COUNT関数の構文と使用例 – 数値データをカウントする – DL有 –

COUNT関数の構文とは


COUNT関数は、

データセット内の数値データの個数をカウントできます。

Excel 2013以降およびOffice 365で使用可能です。
COUNT関数の構文解説と簡易な使用例を紹介します

Microsoft Excelの「統計関数」のカテゴリに属します。

COUNT関数の解説

解説を読む前に、巻末の参考記事もチェックしておくと良いため、時間があれば覗いてみてください。

COUNT関数とは

COUNT関数とは,[関数の挿入]ダイアログボックス

[関数の検索]のテキスト内に、
「COUNT」などと入力し、[検索開始]をクリックすると、関数がヒットします。
詳細の使用法に興味のある方は巻末の参考記事をご拝読ください。

範囲内の、数値が含まれるセルの個数を返します。

[関数の挿入]ダイアログより


この関数の由来は、英語の “count”(数える)から来ており、
その機能はそのまま日本語にも反映されています。

データセット内の数値データの個数をカウントできます。

COUNT関数の構文

COUNT関数の基本的な構文は次の通りです:

COUNT関数の[関数の引数]ダイアログボックス

=COUNT(値1,[値2],…) ※[]の引数は省略可能


COUNT関数の構文は、

値1,[値2],…で、指定した範囲内の数値をカウントします。

各引数の詳細は以下の通りです。
なお、[]の引数は省略可です。

第1引数:値1

COUNT関数の構文,[関数引数]ダイアログボックス,第1引数:値1

値1:値1,値2, … にはデータまたはデータが入力したセルの参照を 1 から 255 個まで指定します。数値データだけがカウントされます。

[関数の引数]のダイアログボックスより

数値をカウントしたいセル範囲またはセルを指定します。
最大で255個の引数を指定可能であり、対象となるのは数値データのみです。

数値データ以外もカウントした場合は、COUNTA関数を使用します。

第2引数:[値2]

COUNT関数の構文,[関数引数]ダイアログボックス,第1引数:値2

値2:値1,値2, … にはデータまたはデータが入力したセルの参照を 1 から 255 個まで指定します。数値データだけがカウントされます。

[関数の引数]のダイアログボックスより

COUNT関数の使用例

例題1:営業チームの顧客訪問記録 ‐1つ表にまとまっている‐

以下の表は、営業員が一日に訪問した顧客の記録です。
1は顧客訪問を示し、空白セルは非訪問を示します。

各営業員の顧客訪問数をカウントするには、どのようにすれば良いでしょうか。

COUNT関数の使用例

解答

以下は各営業員の顧客訪問数をカウントする例です。

任意セルをクリックして、[関数の引数]ダイアログを起動し、
次のようなセル範囲を指定します。

[関数の引数]ダイアログを起動は、巻末の参考記事を拝読ください。

[関数の引数]ダイアログボックスを使用することにより、
[引数の入力結果]と[数式の結果]がインタラクティブに表示されます。
この機能は、エラーを即座に発見しやすくするため、非常に有効です。

「OK」をクリックすると、次の関数がセルに挿入されます。

=COUNT(B2:F2)

この関数は、B2からF2までのセルをカウントし、営業員Aが訪問した顧客の数を返します。
この場合、結果は2です。

上記関数式を、行方向にコピーします。
すると、各営業員の顧客の数を得られます。

例題2:営業チームの顧客訪問記録 ‐2つ表に分割されている –

データが複数の表に分割されている状況を考えてみましょう。
例えば、営業成績のデータが2つの異なるチームによって、
別々の表に入力されている場合があります。

1は顧客訪問を示し、空白セルは非訪問を示します。

以下の2つの表に対して、
各営業員の顧客訪問数をカウントするには、どのようにすれば良いでしょうか。

COUNT関数の使用例

解答

営業員ごとに顧客訪問数をカウントするためにCOUNT関数を使用します。

任意セルをクリックして、[関数の引数]ダイアログを起動し、
次のようなセル範囲を指定します。

[関数の引数]ダイアログを起動は、巻末の参考記事を拝読ください。

[関数の引数]ダイアログボックスを使用することにより、
[引数の入力結果]と[数式の結果]がインタラクティブに表示されます。
この機能は、エラーを即座に発見しやすくするため、非常に有効です。

COUNT関数の使用例,[関数引数]ダイアログボックス

「OK」をクリックすると、次の関数がセルに挿入されます。

=COUNT(B2:F2,B7:F7)

2つの表のデータ範囲から数値のみをカウントすることができます。

COUNT関数を使用して、B2:F2B7:F7 の範囲内の数値入りセルをカウントすると、
以下のプロセスで最終結果を返します:

  1. B2:F2: この範囲の数値入りセルをカウント(例: 3セル)
  2. B7:F7: この範囲の数値入りセルをカウント(例: 2セル)
  3. 合計: 両範囲のカウント結果を合計(3 + 2 = 5)。これが最終的な結果です

上記関数式を、行方向にコピーします。
すると、各営業員の顧客の数を得られます。

最後に

COUNT関数の構文と簡単な使用例を通じて詳しく説明しました。

データセット内の数値データの個数をカウントできます。

Excelでデータ分析を行う際、正確な数値の集計は欠かせないプロセスです。
COUNT関数に活用してください。

—————————————
参考記事
—————————————

原理原則に関する記事

Excel関数自体の原理原則に関する記事です。こちらを参照すると、個別の関数の理解がさらに深まるでしょう。

構文に関する記事

Excel関数の引数と戻り値は何だっけ?という時に、役立つ記事です。

数式の原則|Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

数式の原則|Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

ダイアログボックスの使い方に関する記事

Excel関数名は何だっけ?VLOOKUP関数の使い方は何だっけ?という時に、ダイアログボックスを使うと便利です。
下記はそのダイアログボックスに関する記事です。

数式の原則|Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。

数式の原則|Excelのダイアログに沿って、関数を使う

Excelのダイアログに使えば、関数の使い方を調べることができます。言わば、関数のガイドラインのようなものです。

参照形式に関する記事

関数式をコピーする時はどうしたらいい?
$マークは、どう付けたらいいだろう?
といった悩みをお持ちの方は以下をご覧ください。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照とは

絶対参照/相対参照/複合参照とは何かをどこよりも分かりやすく解説します。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照の使い方

「絶対参照」「相対参照」「複合参照」は、どうやって使うのかを紹介します。 ポイントは、「$マークは、直後にあるモノを固定する」です。