XLOOKUP vs HLOOKUP/VLOOKUPシリーズ -其の1- 縦横無尽なデータ検索の差異 DL可

Excelの関数には、データを縦横無尽に検索するための様々な方法があります。

本記事では、

XLOOKUP、HLOOKUP、およびVLOOKUPという3つの主要な関数に焦点を
当て、

それぞれ違いについて掘り下げていきます。

「XLOOKUP vs HLOOKUP/VLOOKUP」シリーズの第1弾であり、
今回は縦横無尽な検索に焦点を当てています。


順次に、関連記事をアップしていきます。
また、掲載済みの記事もありますので、拝読いただければと思います。

下図の検索ボックスに、対象のキーワードを入れて、探して見てください。


XLOOKUP関数の検索は縦横無尽、他は限定的


言語化すると・・・

  • 垂直と水平の両方≒縦横無尽(X)に調べる(LOOKUP)であれば、XLOOKUP関数
  • 垂直(Vertical)に調べる(LOOKUP)であれば、VLOOKUP関数
  • 水平(Horizontal)に調べる(LOOKUP)であれば、HLOOKUP関数


です。

関数名にその意味が込めれていることも分かると思います。

  • 垂直と水平の両方≒縦横無尽(X)に調べる(LOOKUP)であれば、XLOOKUP関数

  • 垂直(Vertical)に調べる(LOOKUP)であれば、VLOOKUP関数

  • 水平(Horizontal)に調べる(LOOKUP)であれば、HLOOKUP関数

具体的な動きを確認

製品Aを起点に2月の情報を取得することを考えてみます。


水平方向の検索 ⇒ 縦方向

「製品A」を検索値にすると・・・

=HLOOKUP("製品A", $A$1:$E$6, 3, FALSE)

XLOOKUP("製品A", $B$1:$E$1, $B$3:$E$3)

は動きますが、

=VLOOKUP("製品A", $A$1:$E$6, 3, FALSE)=


はエラーします。

HLOOKUP関数を使用した場合は・・・

製品Aを水平方向に検索し、正常に2月のデータを取得します。
なぜなら、製品Aの情報は水平方向(横方向)に配置されているからです。

XLOOKUP関数を使用した場合・・・

XLOOKUP関数は水平方向(横方向)と垂直方向(縦方向)の両方でデータを検索し、正常に2月の製品Aの情報を取得します。

一方、

VLOOKUP関数を使用した場合は・・・

垂直方向(縦方向)にデータを検索するため、
製品名が垂直方向に配置されていることからエラーが発生します。

垂直方向の検索 ⇒ 横方向

「2月」を検索値にすると・・・

=VLOOKUP("2月", $A$1:$E$6, 2, FALSE)

=XLOOKUP("2月", $A$2:$A$6, $B$2:$B$6)

は動きますが、

=HLOOKUP("2月", $A$1:$E$6, 2, FALSE)


はエラーします。

VLOOKUP関数を使用した場合は・・・

VLOOKUP関数は垂直方向(縦方向)にデータを検索するため、製品名が垂直方向に配置されていることに合致しています。

XLOOKUP関数を使用した場合・・・

水平方向(横方向)と垂直方向(縦方向)の両方でデータを検索し、
正常に2月のデータを取得します。

一方、

VLOOKUP関数を使用した場合は・・・

水平方向にデータを検索するため、月の情報が水平方向(横方向)に配置されていることからエラーが発生します。

まとめ

XLOOKUP関数は、HLOOKUPやVLOOKUPと比べて柔軟性と強力な検索機能を提供します。

水平方向(横方向)と垂直方向(縦方向)の検索を同時に行える点が、XLOOKUP関数の素晴らしい特長です。

これにより、XLOOKUP関数は複雑なデータ構造にも効果的に対応し、ユーザーにとって非常に使いやすい検索関数となっています。

以上が、 「XLOOKUP vs HLOOKUP/VLOOKUP」シリーズの第一弾でした。

解答付きサンプルデータ

解答付きサンプルデータが欲しい方は、下記からダウンロードしてください。
なお、オリジナルデータから一部改変しています。

—————————————
参考記事
—————————————

原理原則に関する記事

Excel関数自体の原理原則に関する記事です。こちらを参照すると、個別の関数の理解がさらに深まるでしょう。

構文に関する記事

Excel関数の引数と戻り値は何だっけ?という時に、役立つ記事です。

数式の原則|Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

数式の原則|Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

ダイアログボックスの使い方に関する記事

Excel関数名は何だっけ?VLOOKUP関数の使い方は何だっけ?という時に、ダイアログボックスを使うと便利です。
下記はそのダイアログボックスに関する記事です。

数式の原則|Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。

数式の原則|Excelのダイアログに沿って、関数を使う

Excelのダイアログに使えば、関数の使い方を調べることができます。言わば、関数のガイドラインのようなものです。

参照形式に関する記事

関数式をコピーする時はどうしたらいい?
$マークは、どう付けたらいいだろう?
といった悩みをお持ちの方は以下をご覧ください。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照とは

絶対参照/相対参照/複合参照とは何かをどこよりも分かりやすく解説します。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照の使い方

「絶対参照」「相対参照」「複合参照」は、どうやって使うのかを紹介します。 ポイントは、「$マークは、直後にあるモノを固定する」です。