【ROW関数】使い方と解説

本記事では、ExcelのROW関数について詳しく解説しています。ROW関数は、引数として渡されたセルの行番号を返すため、Excelの様々なシーンで活躍する関数です。具体的には、引数として指定されたセルの行番号を取得する方法、引数を省略して自身が存在するセルの行番号を取得する方法、範囲を指定して行番号の配列を取得する方法について解説しています。また、Excel関数のダイアログの使い方についても紹介しています。ROW関数を使いこなして、Excel作業の効率を上げましょう。

はじめに

本記事はROW関数を解説します。

あまり注目されていない印象ですが、他の関数に組み込まれたり、サブキャラ的に大活躍しています。
そのため、本記事では、まずROW関数自体の使い方と解説をいたします。

今後の記事で、ROW関数の活用方法に関して紹介するつもりです。
尚、姉妹関数のCOLUMN関数の記事は下記です。

【COLUMN関数】使い方と解説

本記事では、ExcelのCOLUMN関数について詳しく解説しています。 引数として渡されたセルの列番号を返すため、Excelの様々なシーンで活躍する関数です。

ROW関数の説明

ROW関数とは、関数の引数として渡されたセルの行番号を返すExcelの関数です。
この関数名は「ROW(行)」という単語に由来しています。

ROW関数は、セルの行番号を返すことより、以下のようなことができます。

  1. 引数として指定されたセルの行番号を取得できる
  2. 引数を省略することで、自身が存在するセルの行番号を取得できる
  3. 範囲を指定することで、指定された範囲の行番号を配列として取得できる

それぞれの具体例に関しては、「ROW関数の使用例」で解説します。

つまり、ROW関数は、COLUMN(列)の逆で、ROW(行)が対象です。

ROW関数の文法(型と引数)

ROW([範囲])

説明:

  • [範囲]の行番号を返します。

引数:

  • 範囲(省略可能)
    • 行番号を調べるセルまたはセル範囲の参照を指定
    • 範囲を省略すると、ROW 関数が入力されているセルの行番号が返される
ROW 関数 – Microsoft サポートより、データ分析ドットコムで改変

Excel関数のダイアログには、次のように記載されています。
Excel関数のダイアログを使いこなせば、関数の意味や使い方も理解できてしまいます。

Excel関数のダイアログの使いこなす方法は、記事末尾に記載しておきます。

ROW関数:
参照の行番号を返します

ROW関数の使用例

ROWの活用シーンの3選に関して、具体的に解説します。

引数として指定されたセルの行番号を取得することができる

ROW(C3) -> 3

=ROW(C3) と入力すると、3が返ります。
C3の行番号は3だからです。

引数を省略することで、自身が存在するセルの行番号を取得できる

ROW() -> 6

D6セルに、=ROW() と入力すると、6が返ります。
範囲を省略すると、ROW 関数が入力されているセルの行番号が返される」ため、D6セルの行番号が返ります。
D6の行番号は6です。

範囲を指定することで、指定された範囲の行番号を配列として取得できる

ROW(C11:C13)

=ROW(E11:E13)と入力すると、下図の行番号(赤文字)の配列が返ります。

ROW関数の例


E11:E13は、E11、E12、E12のセルで構成されています。
そのため、具体的には、各セルに対して、次の行番号の配列が返る仕組みです。

  • C11は、行番号11
  • C12は、行番号12
  • C13は、行番号13
即利用ファイルのダウンロード

最後に

今回は、ExcelのROW関数について解説しました。
ROW関数は、引数として渡されたセルの行番号を返すことができ、
自身が存在するセルの行番号範囲を指定して行番号を配列として取得することができます。

また、今後の記事でROW関数の活用方法に関しても紹介する予定です。
Excel関数のダイアログの使い方については、記事末尾に記載していますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事

本記事の読みやすさをさらに向上させるために、Excel関数に関する原理原則についてまとめた記事を紹介します。

Excel関数を学ぶ前に

Excelほど、馴染みがあり、広く浸透しているツールもないでしょう。 さらに、Excel関数はExcel作業を便利するパッケージであり、習得することで、大きな進歩につながりま…

Excel関数の種類は大まかに知っておこう

冷静に、スムーズに仕事ができるため、Excel関数の種類を大まかに知っておくことが大切です。 Excel 2019では、Excel関数が全486関数もありますが、Excel機能を上手に活用…

Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。