IFS関数の構文 – 1つ以上の条件分岐 – DL可

先日の記事でIF関数を取り上げました。


IF関数で複数条件を指定する方法を紹介しましたが、

条件が増えると複雑になってきます。

そこで、本記事では、

IFS関数に関して、取り上げます。

いずれの条件に合致しない場合に「その他」を表示する方法も解説します。

IFS関数は、Microsoft Excel 2016で初めて登場しました。

IFS関数は、1つ以上の条件に基づいて異なる値を返すことができるため、
IF関数を使用する従来の複数の条件式を「ネスト1」する方法に比べて、より簡単かつ直感的に使用できます。

  1. 条件式の中に条件式を入れ子にすることを指す。 ↩︎

IFS関数は、より複雑な条件付きの論理演算を行い、
より柔軟な計算を可能にするため、Excelのユーザーにとって非常に便利な機能です。

つまり、

条件式のネスト数が増大する場合は、IF関数よりIFS関数の方がより簡単かつ直感的に使用

できます。

以下の手順で説明してますので適宜、読み飛ばしください。

「例題」→「解答」→「構文解説」です。

問題

先日記事『【IF関数】使い方と解説 – 単一条件の場合 –』『IF関数の使い方と解説 – 複数条件の場合 –』と同じ問題をIF関数ではなく、
IFS関数を使用することを考えてみましょう。

つまり、

「Genre – ゲームのジャンル」=Sportsであればスポーツ、
「Genre – ゲームのジャンル」=Puzzleであればパズル、
「Genre – ゲームのジャンル」=Simulationであればシミュレーション、

上記以外であれば「その他」という新しい項目を追加してみましょう。

サンプルデータ

オリジナルデータ

今回利用するサンプルデータは、Kaggleで公開されているビデオゲームの売上データ「vgsales.csv」です。

vgsales.csv Video Game Sales

Video Game Sales.”Video Game Sales” .https://www.kaggle.com/datasets/gregorut/videogamesales, (2024/01/16)

以下、データ項目(変数)です。

  • Rank – 全体の売上高ランキング
  • Name – ゲームの名前
  • Platform – ゲームが発売されたプラットフォーム(例:PC、PS4、など)
  • Year – 発売された年
  • Genre – ゲームのジャンル
  • Publisher – ゲームのパブリッシャー
  • NA_Sales – 北米での売上高 (単位: 百万円)
  • EU_Sales – 欧州での売上高(単位:百万ドル)
  • JP_Sales – 日本での売上(単位:百万ドル)
  • Other_Sales – その他の地域での売上高(単位:百万ドル)

解答付きサンプルデータ

解答付きサンプルデータが欲しい方は、下記からダウンロードしてください。

解答

IFS関数を使用します。

関数式

次の関数式が解答です。

=IFS(E2="Sports","スポーツ",E2="Puzzle","パズル",E2="Simulation","シミュレーション",TRUE,"その他")

解説

ざっくり解説

関数の構文は以下です。

=IFS(条件1, 条件と一致した場合, 条件2, 条件2と一致した場合, ...)


Code language: HTTP (http)

では、関数の構文に従って引数を入力します。

=IFS(E2="Sports","スポーツ",E2="Puzzle","パズル",E2="Simulation","シミュレーション",TRUE,"その他")
  • もしセルE2の値が「Sports」なら、「スポーツ」
  • もしセルE2の値が「Puzzle」なら、「パズル」
  • もしセルE2の値が「Simulation」なら、「シミュレーション」
  • それ以外の場合、つまり上記の条件に一致しない場合、「その他」

と表示する式です。

最後の次の式に関して、補足します。

...,TRUE,"その他")

「どの条件にも一致しなかった場合」はTrueを返すため、
論理式をTRUEとして、その他を表示させるようにしています。

ちょっと難しいですね。

「どの条件にも一致しなかった場合」を指定したい場合は、
類似関数のSWITCH関数やCHOOSE関数の使用がお勧めです。

「ざっくり解説」で分からない方は、次の「くわしく解説」をご覧ください。

くわしく解説

解説を読む前に、巻末の参考記事もチェックしておくと良いため、時間があれば覗いてみてください。

IFS関数とは

Excel標準機能の[関数の挿入]ダイアログ/[関数の引数]ダイアログを大体のことは書かれているので、
活用して詳しく解説します。

ダイアログの使い方は、巻末の参考記事を参照していただければと思います。

1つ以上の条件が満たされるかどうかを確認し、最初の真条件に対応する値を返します

[関数の挿入]ダイアログより

IFS関数は、IF関数+複数形Sを造語になっています。
IFを訳すと、「もしも」であり、条件を示す関数です。

つまり、IF(もしも≒条件)複数存在(S)する関数であることを表しています。
そのため、複数の条件(もしも)を評価して、それぞれに対応する結果を返す関数です。

IF関数の構文

IFS(論理式1,値が真の場合1,...)

1つ以上の条件を指定でき、
条件の数が増えるとそれに合わせて論理式1条件1がペアを構成します。

さらに、条件の数が増えると、新しい論理式条件のペアが追加され、

ペアが増えていきます。



それでは、実際のイメージを確認していきましょう。

第1引数:論理式1

論理式1: 真または偽と計算できる値または式です

[関数の挿入]ダイアログより


何やら難しく書いていますが、

条件式を記述すればいいだけです。

ここでは、もしセルE2の値が「Sports」なら、「スポーツ」としたいので、

まず最初の条件式を「E2=”Sports”」と記述します。

第2引数

値が真の場合1: は論理式が真の場合に返される値です

[関数の挿入]ダイアログより

何やら難しく書いていますが、

条件式が真の場合に表示させたい値を記述すればいいだけです。

ここでは、もしセルE2の値が「Sports」なら、「スポーツ」としたいので、

第2引数に「”スポーツ”」と記述します。

以上の要領で条件の数だけ、繰り返します

  • もしセルE2の値が「Sports」なら、「スポーツ」
  • もしセルE2の値が「Puzzle」なら、「パズル」
  • もしセルE2の値が「Simulation」なら、「シミュレーション」
  • それ以外の場合、つまり上記の条件に一致しない場合、「その他」

フォローアップ

ダブルクォーテーション

文字列は、半角のダブルクォーテーション(“)で囲みます。

いずれも偽の場合

IFS関数は「どの条件にも一致しなかった場合」はTrueを返すため、
論理式をTRUEとして、「その他」を表示させるようにしています。

このようなケースは、類似関数のSWITCH関数やCHOOSE関数の使用がお勧めです。

最後に

先日『IF関数の使い方と解説 -単一条件の場合 –』『IF関数の使い方と解説 – 複数条件の場合 –』では、
IF関数で複数条件を指定する方法を紹介しましたが、件が増えると複雑になってきます。

本記事では、IFS関数に関して、取り上げました。
さらに、いずれの条件に合致しない場合に「その他」を表示する方法も解説しました

入れ子構造、ネストにならないため、関数式は読みやすくなったのではないでしょうか。

—————————————
参考記事
—————————————

原理原則に関する記事

Excel関数自体の原理原則に関する記事です。こちらを参照すると、個別の関数の理解がさらに深まるでしょう。

構文に関する記事

Excel関数の引数と戻り値は何だっけ?という時に、役立つ記事です。

Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

ダイアログボックスの使い方に関する記事

Excel関数名は何だっけ?VLOOKUP関数の使い方は何だっけ?という時に、ダイアログボックスを使うと便利です。
下記はそのダイアログボックスに関する記事です。

Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。

Excelのダイアログに沿って、関数を使う

Excelのダイアログに使えば、関数の使い方を調べることができます。言わば、関数のガイドラインのようなものです。

参照形式に関する記事

関数式をコピーする時はどうしたらいい?
$マークは、どう付けたらいいだろう?
といった悩みをお持ちの方は以下をご覧ください。

絶対参照/相対参照/複合参照とは

絶対参照/相対参照/複合参照とは何かをどこよりも分かりやすく解説します。

絶対参照/相対参照/複合参照の使い方

「絶対参照」「相対参照」「複合参照」は、どうやって使うのかを紹介します。 ポイントは、「$マークは、直後にあるモノを固定する」です。