【MATCH関数】「照合の型」の威力 -実践編-

【MATCH関数】「照合の型」の威力 -理論編-

先日、MACTH関数を紹介しました。本記事は「照合の型」を説明します。「照合の型」は使いこなすと、さらにMACTH関数の幅が広がります。「照合の型」の性質を活用した利便…

先日、『MATCH関数はマッチングさせる関数のことである』 と『【MATCH関数】「照合の型」の威力 -理論編-』で,MACTH関数を取り上げました。

「照合の型」の理論をお伝えし、使いこなせれば、さらにMACTH関数の幅が広がるとお伝えました。

本記事は実践編で、Excelで実際に操作してみます。

「照合の型」は、-1⁼以上、0=完全一致、 1=以下 がありました。

お題

2つのお題を用意しました。
Excelで実際に試したい場合は、下記表をコピーして使用してください。

  1. 本塁打600本に最も近かった選手は誰でしょうか。本塁打600本の選手を含みます。
  2. 本塁打600本を超えた選手の中で、最も本塁打が少なった選手は誰でしょうか。本塁打600本の選手を含みます。
選手本塁打
衣笠 祥雄504
王 貞治868
金本 知憲476
山本 浩二536
清原 和博525
落合 博満510
大杉 勝男486
張本 勲504
門田 博光567
野村 克也657

解答

お題1の回答:

本塁打600本に最も近かった選手は誰でしょうか。
本塁打600本の選手を含みます。
=MATCH(500,<span data-color="#0693e3" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(6, 147, 227, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">$C$2:$C$11</span>,<span data-color="#cf2e2e" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(207, 46, 46, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">1</span>) ⇒ 2Code language: HTML, XML (xml)

上記のように、「照合の型」= 1 にして関数式を組むと、「2」 が得られます。

ですので、2番目の選手である「大杉 勝男」が解答となります。

  • 「照合の型」=1は、検査値以上最小の値を返す
  • 「照合の型」=1の場合、数表が昇順になっていること

お題2の回答:

本塁打600本を超えた選手の中で、最も本塁打が少なった選手は誰でしょうか。
本塁打600本の選手を含みます。
=MATCH(500,<span data-color="#0693e3" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(6, 147, 227, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">$$C$2:$C$11</span>,<span data-color="#cf2e2e" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(207, 46, 46, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">-1</span>) ⇒ 8Code language: HTML, XML (xml)

上記のように、「照合の型」= -1 にして関数式を組むと、「8」 が得られます。

ただし、「衣笠 祥雄」「張本 勲」が504本で同数となっていますので、
8番目の選手である「張本 勲」では誤りになります。
同数の場合は、表の並び順での結果を返してしまいますのでご注意ください

ですので、正しくは、「衣笠 祥雄」「張本 勲」が解答となります。

同数の問題は、RANK関数なども起き、Excel関数を組み合わせれれば対応できますが、
関数式が非常に複雑になるため、本記事ではここまでにしたいと思います。

  • 「照合の型」=1は、検査値以下最大の値を返す
  • 「照合の型」=1の場合、数表が降順になっていること

最後に

  1. 本塁打600本に最も近かった選手は誰でしょうか。本塁打600本の選手を含みます。
  2. 本塁打600本を超えた選手の中で、最も本塁打が少なった選手は誰でしょうか。本塁打600本の選手を含みます。

先程のお題ですが、
営業成績や商品売上などの実務においても、活用シーンがあるのではないでしょうか。

上級者向けの技であるのは間違いありませんが、Excel関数の拡張性を体感出来たら幸いです。

本記事が良いと思った方は、下記ボタン(Fackbook, Twitter, Hatenaボタン)を押していただけると、記事アップのモチベーションにつながります。