Excelで未回答者数をカウントする方法:COUNTBLANK関数 -DL有-

Excelで未回答者数をカウントする方法:COUNTBLANK関数の活用 -DL有-


アンケート調査では、すべての質問に回答が得られるわけではありません。

ExcelのCOUNTBLANK関数を使って、
未回答者数を簡単にカウントする方法を紹介します。

未回答者数をカウントすると、次のようなメリットがあります:

  • 必須の質問に未回答が多い場合、回答漏れを確認できます
  • 任意の質問で未回答が多い場合、
    質問の表現がわかりにくいか、または回答者にとって敏感すぎることが考えられます

なお、本記事の末尾に、解答付ダウンロードファイルを用意してあります。

COUNTBLANK関数の基本

COUNTBLANK関数は、指定された範囲内の空白セルの数をカウントするExcelの関数です。
具体的には、以下のように使用します:

関数の構文

=COUNTBLANK(範囲)

「範囲」とは、空白セルの数をカウントしたいセルの範囲を指します。

COUNTBLANK関数の語源や引数などの詳しく知りたい方は
COUNTBLANK関数の構文解説 -空白セルをカウントする- を拝読ください。

具体的な使用シナリオ

アンケートデータを例にして、COUNTBLANK関数の活用方法を詳しく説明します。
以下は、あるアンケートで「趣味」の質問欄がどのように回答されているかを確認するシナリオです:

Excelで未回答者数をカウントする方法:COUNTBLANK関数の活用 -DL有-


このデータに対して、「趣味」の欄が未回答の人数をCOUNTBLANK関数でカウントします。
関数を適用する範囲を設定し、以下のような関数式を使用します:

=COUNTBLANK(C2:C5)


この式は、
C列の2行目から5行目までの範囲における空白セルの数、

つまり

未回答の数をカウントします。

COUNTBLANK関数を設定する方法

Excelで未回答者数をカウントするためのCOUNTBLANK関数の設定には、二つの主な方法があります。
以下に、それぞれの方法の詳細を説明します。

関数の直接入力

直接セルに関数式を入力する方法は、速度とシンプルさが最大の利点です。
ユーザーはインターフェースを通じて複数のダイアログボックスを操作する必要がなく、次のような手順で直接計算を実行できます


COUNTBLANK関数の関数の直接入力


1.セル選択

  • 計算結果を見たいセルを選択します。
    例えば、未回答者数を示すために、A7セルを選択します。

2.関数入力

  • 選択したセルに、関数式 =COUNTBLANK(C2:C5) を入力します。
    これにより、C列の2行目から5行目までの空白セルの数が計算されます。

3.結果の確認

  • 関数を入力した後、Enterキーを押すと、
    選択したセルに未回答者の総数が表示されます。


ダイアログを使用した関数設定

Excelの関数ダイアログボックスを利用すると、
各引数に対する説明が詳しく提供され、ユーザーが関数を正しく設定しやすくなります。

さらに、引数の入力と数式の結果がインタラクティブに表示されるため、
入力ミスや計算エラーをすぐに確認でき、修正が容易になります。

ダイアログの起動方法などをあまり知らない方は、巻末の参考記事を拝読ください。


[関数の引数]ダイアログを使用したCOUNTBLANK関数設定

[関数の引数]ダイアログボックスにカウント対象の範囲を指定します。

本記事では、
「趣味」欄が含まれる範囲「C2:C5」を入力または選択します。

引数の設定後、OKボタンをクリックします。

これにより、選択した範囲内の未回答数が計算され、
選択したセルに結果が表示されます。


最後に

この記事では、

ExcelのCOUNTBLANK関数を使用してアンケートデータの未回答者数をカウントする方法

について詳しく解説しました。

この関数を用いることで、
アンケートの設計や実施方法に問題がないかを迅速に確認できます。

COUNTBLANK関数を活用して、データ分析における正確な情報を把握しましょう。

解答付きサンプルデータ

解答付きサンプルデータが欲しい方は、下記からダウンロードしてください。

—————————————
参考記事
—————————————

原理原則に関する記事

Excel関数自体の原理原則に関する記事です。こちらを参照すると、個別の関数の理解がさらに深まるでしょう。

構文に関する記事

Excel関数の引数と戻り値は何だっけ?という時に、役立つ記事です。

数式の原則|Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

数式の原則|Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

ダイアログボックスの使い方に関する記事

Excel関数名は何だっけ?VLOOKUP関数の使い方は何だっけ?という時に、ダイアログボックスを使うと便利です。
下記はそのダイアログボックスに関する記事です。

数式の原則|Excelの検索ダイアログから、関数を探す | データ分析ドットコム

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。

数式の原則|Excelのダイアログに沿って、関数を使う

Excelのダイアログに使えば、関数の使い方を調べることができます。言わば、関数のガイドラインのようなものです。

参照形式に関する記事

関数式をコピーする時はどうしたらいい?
$マークは、どう付けたらいいだろう?
といった悩みをお持ちの方は以下をご覧ください。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照とは

絶対参照/相対参照/複合参照とは何かをどこよりも分かりやすく解説します。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照の使い方

「絶対参照」「相対参照」「複合参照」は、どうやって使うのかを紹介します。 ポイントは、「$マークは、直後にあるモノを固定する」です。