AVERAGE関数 -日付や時刻の平均値- DL可


Excelを使用する際、平均値を取得することはよくあります。
こうした場合に便利なのが、AVERAGE関数です。

AVERAGE関数を使うことで、手動で数値を比較する必要がなくなります。

AVERAGE関数は、

日付や時刻の平均値

も算出することができます。
ただし、分析的には留意が必要で、そちらも説明します。

関数の説明

AVERAGE関数は、引数として指定された数値の中か平均値を取得する関数です。

AVERAGE平均の略称であり、関数名の由来がわかります。

なお、日付や時刻の平均値も、
AVERAGE関数はエラーせず、算出できますが、分析的に注意が必要です

その点は、章「具体例」で後述します。


「あくまで算出できます」という話に留めてください。

あまり、日付と時刻の平均値は聞きなれないと思いますが、次のような分析も可能です。

しかしながら、

日付と時刻の平均値を求める際には、

データの正確性や収集方法、解析方法などにも注意が必要です。

日付と時刻の平均値を求めることで、データから得られる有用な情報を得ることができます。

  • 品質データの分析
    • 製造日時が品質に影響する可能性があるため、品質データと製造日時の関係を分析することがある。
    • 日時の平均値を計算して、製造時間の傾向を分析することができる。
  • 社員の勤務時間の分析
    • 社員の出勤時間や退勤時間のデータを収集し、その平均値を求めることで、社員の勤務時間の傾向を把握することができる。
    • 複数の社員の勤務時間の平均値を比較することで、各社員の勤務時間の違いを把握することもできる。
  • ウェブサイトのアクセスログの分析
    • ウェブサイトのアクセスログのデータを収集し、平均的なアクセス時間や滞在時間を求めることで、ユーザーの嗜好やウェブサイトの改善点を把握することができる。

引数

AVERAGE関数の引数には、数値やセル範囲、定数、関数などを指定することができます。

AVERAGE(数値1, [数値2], …) 

複数の数値が必要です。
(数値1つでは、平均値は求まらないからです)


具体例

以下は、AVERAGE関数を使った具体的な例です。

金額の例


上記の例では、A1からA4までの範囲の平均値を求めます。

日付の例


上記の例では、A1からA4までの範囲の平均日付を求めます。

時刻の例


上記の例では、A1からA4までの範囲の平均時刻を求めます。
AVERAGE関数はエラーせず、14:45 という結果を返します。

もしエラーしたら・・・

先程お伝えした通り、
日付や時刻の平均値をAVERAGE関数を使って求めることは、分析的には正しいとは言えません

それでも、AVERAGE関数を使用すると、結果が返ってきます。

なお、エラーした場合は次の対策を試してみてください。

Excelが認識できる日付や時刻の形式でなければなりません。
(Excelはこれらの形式以外の日付や時刻の形式を認識できないため、エラーします)

以下の通りですが、[セルの書式]の変更から、簡単にカスタマイズできます。
(難しく考える必要はありません)

日付形式:

  • YYYY/MM/DD
  • YYYY-MM-DD
  • MM/DD/YYYY
  • MM-DD-YYYY
  • DD/MM/YYYY
  • DD-MM-YYYY

時刻形式:

  • HH:MM:SS
  • HH:MM
  • AM/PMの付いた時刻 (例: 10:30 AM)

日付と時刻の組み合わせ形式:

  • YYYY/MM/DD HH:MM:SS
  • YYYY/MM/DD HH:MM
  • YYYY/MM/DD AM/PMの付いた時刻 (例: 2023/02/24 10:30 AM)

解答付きサンプルデータ

解答付きサンプルデータが欲しい方は、下記からダウンロードしてください。

最後に

ExcelのAVERAGE関数は、数値データから平均値を求めるための便利な関数です。

本記事で解説したように、引数の指定方法や書式に注意しながら使うことで、
簡単に平均値を求めることができます。

—————————————
参考記事
—————————————

原理原則に関する記事

Excel関数自体の原理原則に関する記事です。こちらを参照すると、個別の関数の理解がさらに深まるでしょう。

構文に関する記事

Excel関数の引数と戻り値は何だっけ?という時に、役立つ記事です。

数式の原則|Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

数式の原則|Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

ダイアログボックスの使い方に関する記事

Excel関数名は何だっけ?VLOOKUP関数の使い方は何だっけ?という時に、ダイアログボックスを使うと便利です。
下記はそのダイアログボックスに関する記事です。

数式の原則|Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。

数式の原則|Excelのダイアログに沿って、関数を使う

Excelのダイアログに使えば、関数の使い方を調べることができます。言わば、関数のガイドラインのようなものです。

参照形式に関する記事

関数式をコピーする時はどうしたらいい?
$マークは、どう付けたらいいだろう?
といった悩みをお持ちの方は以下をご覧ください。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照とは

絶対参照/相対参照/複合参照とは何かをどこよりも分かりやすく解説します。

数式の原則|絶対参照/相対参照/複合参照の使い方

「絶対参照」「相対参照」「複合参照」は、どうやって使うのかを紹介します。 ポイントは、「$マークは、直後にあるモノを固定する」です。