Excel
「参照先・参照元の意味」「[トレース機能]の矢印とマークの意味」を解説 DL可

Excelの「参照先のトレース」と「参照元のトレース」について、参照先や参照元、トレース機能の矢印やマークなど、基本的な概念や使い方を解説しました。参照元と参照先の意味、トレース機能の矢印やマークの意味について理解することで、数式セルの構築や修正作業がスムーズになることでしょう。また、サンプルデータを使って実際にトレース機能を体験することで、より一層理解を深めることができます。Excelを使って作業をする上で、このトレース機能をマスターすることは非常に重要です。

続きを読む
Excel
条件分岐(IF, IFS, CHOOSE, SWITCH)の違いと使い方

Excelで条件分岐をするときに使える関数には、IF関数、IFS関数、CHOOSE関数、SWITCH関数があります。それぞれの関数の違いや使い分けについて解説します。また、関数判定用のフロチャート図も用意しています。

続きを読む
Excel
【IFS関数】いずれの条件にも一致しない場合の対処法

本記事では、IFS関数の応用編として、どの条件にも一致しない場合の方法を2つ紹介します。数値に関するIFS関数であれば、必ず、MECEにできますが、文字列に関するIFS関数の場合は、MECEにできないケースが多いため、いずれにも該当しない場合に対応する値を指定する必要があります。

続きを読む
Excel
【SMALL関数】使い方と解説 ※同順位の際の注意点

本記事では、ExcelのSMALL関数について解説しました。SMALL関数は、数値データの中から指定された順位に対応する値を返すことができます。データ解析を効率的に行うために、SMALL関数の使い方をマスターしましょう。

続きを読む
Excel
【LARGE関数】使い方と解説 ※同順位の際の注意点

本記事では、ExcelのLARGE関数について解説しました。LARGE関数は、数値データの中から指定された順位に対応する値を返すことができます。データ解析を効率的に行うために、LARGE関数の使い方をマスターしましょう。

続きを読む
Excel
【SWITCH関数】使い方と解説

本記事では、ExcelのSWITCH関数について解説します。SWITCH関数は、複数の条件に基づいて異なる結果を返すために使用されます。IF関数やINDEX関数+MATCH関数等と同様の目的で使用されますが、より簡潔で直感的な方法を提供することが特徴です。本記事では、SWITCH関数の用途、型と引数、使用例について説明します。

続きを読む
Excel
【CHOOSE関数】使い方と解説

Excelでのデータ処理をより柔軟に行うことができる便利な関数、CHOOSE関数について解説します。インデックスを使用して指定された値を選択する関数であり、動的な値の取得が可能です。ぜひ、自分の業務にも適用してみてください。

続きを読む
Excel
【IFERROR関数】使い方と解説

本記事では、Excel 2007に登場のIFERROR関数について詳しく解説します。IFERROR関数は、エラーを表示させたくない場合に有効で、代替値を設定することができます。記事では、IFERROR関数の使い方や文法を解説し、使用例も紹介します。

続きを読む
Excel
XLOOKUP関数の衝撃 DL可

本記事では、Excel 2019に登場した新関数XLOOKUPに関して取り上げています。XLOOKUP関数は垂直と水平の両方を調べ、一致する値を返します。また、VLOOKUP関数やHLOOKUP関数と比較しながら、XLOOKUP関数の文法を解説しています。本記事では具体的な使用法は取り扱わず、型や引数などを紹介しています。Excelやデータ分析に興味のある人に向けて書かれております。

続きを読む
Excel
最頻値を求める関数:MODE、MODE.SNGL、MODE.MULTの違いと使い分け方

本記事では、MODE関数の基本的な使い方や具体例を紹介していきます。
この関数は、引数として指定された数値の中から最頻値を取得することができます。

続きを読む