【COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数】使い方と解説

 

この記事では、COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数について、3つ同時に紹介します。

COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数

  • COUNT関数
    • カウントする」の名の通り、指定した範囲内にある数値の数をカウントします
    • COUNT 関数は数値型データを扱うため、文字列や論理値(TRUEやFALSE)はカウントされません
    • 例えば、=COUNT(A1:A10)と入力すると、A1からA10までの範囲内にある数値の数を返します
  • COUNTA関数
    • 全てカウントする」で、AはALL(全て)の英単語から由来していそうです(推察)
    • 指定した範囲内の空白でないセルの数、つまり、数値、文字列、論理値など、あらゆる種類のデータをカウントします
    • 例えば、=COUNTA(A1:A10)と入力すると、A1からA10までの範囲内にある空白でないセルの数を返します
  • COUNTBLANK関数
    • 空白カウントする」で、BLANKは空白COUNTはカウント、という英単語から由来しています
    • 指定した範囲内の空白セルの数をカウントします
    • 空白セルだけをカウントするため、数値や文字列、論理値はカウントされません
    • 例えば、=COUNTBLANK(A1:A10)と入力すると、A1からA10までの範囲内にある空白セルの数を返します
    • なお、COUNTBLANK = 範囲内セル数 – COUNTAという式が成り立ちます

COUNTBLANK関数 = 範囲内セル数 – COUNTA関数:

COUNTBLANK 関数は、与えられた範囲内にある空白セル(値が空であるセル)の数を返します。
したがって、空白セルの数を数えるために、範囲内のセル数から値があるセルの数を減算する必要があります。
この場合、COUNTA 関数を使用して値があるセルの数をカウントし、それを範囲内のセル数から引くことで、
空白セルの数を求めることができます。

COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数の文法

文法はシンプルです。

COUNT関数


 = COUNT(value1, [value2], ...) ※[]は省略可能

引数
  • value1
    • 必ず指定。直接入力 or セル参照
  • value2
    • 省略可能。直接入力 or セル参照

COUNTA関数


 = COUNTA(value1, [value2], ...) ※[]は省略可能

引数
  • value1
    • 必ず指定。直接入力 or セル参照
  • value2
    • 省略可能。直接入力 or セル参照

COUNTBLANK関数


 = COUNTBLANK(range) ※[]は省略可能

引数
  • range
    • 必ず指定。セル参照

COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数の例題

例えば、以下のようなデータがあったとします(Microsoft社公式ページ『COUNT 関数 – Microsoft サポート』から引用)。

列名A
行数
12008/12/8
219
322.24
4
5TRUE
6#DIV/0!
COUNT 関数 – Microsoft サポートより

このデータに対して、COUNT関数、COUNTA関数、COUNTBLANK関数を適用した場合の結果を確認してみましょう。
また、それぞれの関数の違いについても確認してみましょう。

結果

=COUNT(A1:A7)

A1からA7までの範囲内にある数値をカウントします。
その中で、次の3つが一致するため、結果は「3」となります。

  • 2008/12/8
  • 19
  • 22.24

=COUNTA(A1:A7) 

A1からA7までの範囲内にある全てデータのカウントします(空白セルを除く)。
空白セルが1つしかないため、次の5つが一致し、この関数を適用すると結果は「5」になります。

  • 2008/12/8
  • 19
  • 22.24
  • TRUE
  • #DIV/0!
=COUNTBLANK(A1:A7) 

A1からA7までの範囲内にある数値の数を数えます。
空白セルが1つしかないため、この関数を適用すると結果は「1」になります。

解答付きサンプルデータ

最後に

COUNT関数/COUNTA関数/COUNTBLANK関数について、例を交えながら解説してきました。
それぞれの関数の違いを理解することで、Excelをより効果的に利用することができます。

この他にもたくさんの関数が存在します。表計算ソフトには様々な関数が用意されており、
それらをうまく活用することで、日々の業務や生活に役立てることができます。
今後もExcelやGoogleスプレッドシートなどを使って、便利な機能や使い方を学んでいきましょう。

参考サイト

上記記事の読みやすさをさらに向上させるために、Excel関数に関する原理原則についてまとめた記事を紹介します。

Excel関数を学ぶ前に

Excelほど、馴染みがあり、広く浸透しているツールもないでしょう。 さらに、Excel関数はExcel作業を便利するパッケージであり、習得することで、大きな進歩につながりま…

Excel関数の種類は大まかに知っておこう

冷静に、スムーズに仕事ができるため、Excel関数の種類を大まかに知っておくことが大切です。 Excel 2019では、Excel関数が全486関数もありますが、Excel機能を上手に活用…

Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。