【VLOOKUP関数】使い方と解説

【VLOOKUP関数】使い方と解説
「Vertical Lookup」の略語で、垂直(Vertical )方向にテーブル内のデータを調べ(Lookup)、該当データを取得するための関数です。

 

Microsoft Excelには多くの関数が備わっていますが、
その中でもVLOOKUP関数は検索/行列関数の一種としてよく使われます。

この記事では、VLOOKUP関数について紹介します。

Excel関数の種類は大まかに知っておこう』の「よく使われている関数トップ 10」で紹介した、
VLOOKUP関数に関して、紹介します。はトップ10にランクインしています。

尚、HLOOKUP関数に関しては、『【HLOOKUP関数】使い方と解説』でご確認ください。

関数説明
SUM 関数この関数を使うと、セルの値を合計することができます。
IF 関数この関数を使うと、条件が true または false の場合に、それぞれ別の値を返すことができます。 IF 関数の使い方についてのビデオはここから確認することができます。
LOOKUP 関数1 つの行または列から、他の行または列の同じ場所にある値を見つける場合は、この関数を使います。
VLOOKUP 関数表や範囲から行ごとに情報を検索する場合は、この関数を使います。 たとえば、従業員番号を基準にその従業員の姓を検索したり、電話帳のように姓を検索して電話番号を見つけたりすることができます。 VLOOKUP の使い方については、このビデオを確認してください。
MATCH 関数この関数を使用して、セルの範囲内で指定した項目を検索し、範囲内の項目の相対位置を返します。 たとえば、範囲 A1: A3 に値 5、7、 38 が含まれている場合、数式「=MATCH(7,A1:A3,0) 」を入力すると、 範囲内では7が 2番目の項目であるため、数字2 を返します。
CHOOSE 関数この関数を使用すると、インデックス番号に基づいて最大 254 個の値から 1 つを選ぶことができます。 たとえば、値 1 ~値 7 が曜日を表す場合、1 ~ 7 のいずれかの数値をインデックスとして使用すると、該当する曜日が返されます。
DATE 関数この関数は、特定の日付を表す連続したシリアル値を返します。 この関数は、年、月、日の値が数式またはセル範囲で指定される場合に便利です。 たとえば、YYYYMMDD のように Excel で認識できない形式の日付がワークシートに含まれているとします。 DATEDIF 関数を使って、2 つの日付間の日数、月数、年数を計算することができます。
DAYS 関数この関数を使うと、2 つの日付間の日数を返すことができます。
FIND 関数、FINDB 関数FIND 関数 と FINDB 関数は、指定された文字列を他の文字列の中で検索します。 その文字列が最初に現れる位置を左端から数え、最初の文字列の開始位置の番号を返します。
INDEX 関数この関数を使うと、テーブルまたはセル範囲にある値、あるいはその値のセル参照を返すことができます。
表2 よく使われている関数トップ 10
Microsoft.“Excel 関数 (機能別)”. Microsoft. 2022-05-31.https://support.microsoft.com/ja-jp/office/excel-%E9%96%A2%E6%95%B0-%E6%A9%9F%E8%83%BD%E5%88%A5-5f91f4e9-7b42-46d2-9bd1-63f26a86c0eb, (2022-09-01より一部改変)

VLOOKUP関数の使い方

VLOOKUP関数だけでなく、姉妹関数のHLOOKUP関数とも合わせて記載します。
ただし、HLOOKUP関数は改めて解説するつもりです。

  • VLOOKUP
    • Vertical Lookup」の略語で、垂直(Vertical )方向にテーブル内のデータを調べ(Lookup)、該当データを取得するための関数です。
      最初の列にキーが含まれ、それに対応する行にある指定された列からデータを返します。
  • HLOOKUP
    • Horizontal Lookup」の略語で、水平(Horizontal)方向にテーブル内のデータを調べ(Lookup)、該当データを取得するための関数です
      最初の行にキーが含まれ、それに対応する列にある指定された行からデータを返します。

それぞれの違いは、垂直(Vertical )なのか、水平(Horizontal)なのか、です。

覚え方も同様で、垂直(Vertical )であればVLOOKUP関数水平(Horizontal)であればHLOOKUP関数です。

VLOOKUP関数の文法


=VLOOKUP(<span data-color="#0693e3" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(6, 147, 227, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">検索値</span>,<span data-color="#f78da7" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(247, 141, 167, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">検索範囲</span>,<span data-color="#9b51e0" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(155, 81, 224, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">列番号</span>,<span data-color="#7bdcb5" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(123, 220, 181, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">[検索方法]</span>) ※[]は省略可です
Code language: HTML, XML (xml)

 

検索範囲から、検索値を探し、指定した列番号の値を取得できる関数です。
検索方法では、完全一致 or 近似一致を指定できます。
省略した場合は、既定値は TRUEの近似一致となります。

何度もお伝えしていますが、Excel関数にはぞれぞれ型があり、型通りに物事が進んでいきます。
そのため、さほど難しくないのです。
型の重要性と型の調べ方は、次の記事で解説しています。

引数
  • 検索値
    • 検索する値です。通常、セル参照または文字列を指定します。
      • 2月を指定します
  • 検索範囲
    • 検索対象の範囲です。通常、範囲参照を指定します。この範囲は、検索値が含まれる列と、検索結果を返す列を含む必要があります。
      • 対象データの$A$2:$E$6を指定します。
  • 列番号
    • 検索結果を返す列の番号です。検索範囲の最初の列が1、次の列が2、以降順に増えていきます。
      • 製品Aは2列目のため、2を指定します。
  • 検索方法
    • 検索値と検索範囲の比較方法を指定するオプションです。FALSEまたは省略した場合は、完全一致検索が行われます。
      TRUEは、近似値検索が有効になります。
      • 完全一致のため、FALSE を指定します。通常はFALSEを指定します。

VLOOKUP関数の例題

例えば、以下のような表があったとします。
この表から、製品Aの2月の販売数量を取得することを目指します。

列名ABCDE
行数
1製品A製品B製品C製品D
21月100200150175
32月120180125200
43月130160140190
54月150150145180
65月180140160170

解法


=VLOOKUP(<span data-color="#0693e3" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(6, 147, 227, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">"2月"</span>,<span data-color="#f78da7" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(247, 141, 167, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">$A$2:$E$6</span>,<span data-color="#9b51e0" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(155, 81, 224, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">2</span>,<span data-color="#7bdcb5" style="background: linear-gradient(transparent 60%,rgba(123, 220, 181, 0.7) 0);" class="vk_highlighter">FALSE</span>)
Code language: HTML, XML (xml)

「2月」というキーを使用して、テーブル$A$2:$E$6内で最初の行(月)を調べし、

2列目の値(製品Aの2月の販売数量)を取得しています。

結果、製品Aの2月の販売数量「120」が取得できます。

なお、2列目は手入力していますが、MATCH関数で列番号を取得することも可能です。
MATCH関数の基礎は次の記事をご覧ください。

MATCH関数の構文-特定の値がどこにあるかを見つける- DL可

Excel関数の使用頻度の高い「MATCH関数」を紹介します。 MATCH関数は、VLOOKUP関数やINDEX関数等と組み合わせると、さらに威力が増します。 本記事はその前段に当たる、…

解答付きサンプルデータ

最後に

本記事では、Excel関数の中でも代表的な検索/行列関数のひとつであるVLOOKUP関数について解説しました。

VLOOKUP関数は、垂直方向にテーブル内のデータを検索し、指定した列からデータを返す関数であり、
Excelを使ったビジネスの現場などで広く使われています。

VLOOKUP関数を使うことで、手作業での煩雑な検索作業を効率化することができます。
また、MATCH関数を使うことで、列番号を手動で指定する手間を省くこともできます。

Excelには多くの便利な関数が存在します。
この記事をきっかけに、自分がどのような業務に使うか考えながら、関数の使い方をマスターしていきましょう。

《余談》Excel標準機能のダイアログボックスからヒントを得よう

MACTH関数を学んでも、再び忘れてしまう方に向けて、

Excel標準機能であるダイアログボックスからヒントを得る方法を紹介します。

これはあらゆるExcel関数で応用可能な技です。 ※Excel標準機能のダイアログボックスの活用方法は、下記にて詳しく解説しています。

Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

参考記事

関連記事

【HLOOKUP関数】使い方と解説

本記事では、Excel関数の中でも代表的な検索/行列関数のひとつであるHLOOKUP関数について解説します。 HLOOKUP関数は、水平方向にテーブル内のデータを検索し、指定した…

Excel関数の原理原則

本記事の読みやすさをさらに向上させるために、Excel関数に関する原理原則についてまとめた記事を紹介します。

Excel関数を学ぶ前に

Excelほど、馴染みがあり、広く浸透しているツールもないでしょう。 さらに、Excel関数はExcel作業を便利するパッケージであり、習得することで、大きな進歩につながりま…

Excel関数の種類は大まかに知っておこう

冷静に、スムーズに仕事ができるため、Excel関数の種類を大まかに知っておくことが大切です。 Excel 2019では、Excel関数が全486関数もありますが、Excel機能を上手に活用…

Excel関数にはそれぞれ構文がある

Excel関数には構文があります。それが、引数と戻り値です。構文に沿えばいいだけです。言わば、数学の公式のようなものです。理論を知らなくても、公式に当てはめれば答え…

Excel関数の引数とは

Excelの引数は、料理を完成させるための材料のようなものです。しかも、材料に種類があります。その種類を理解すると、Excel関数を上手く使いこなせるようになります。

Excelの検索ダイアログから、関数を探す

Excelの検索ダイアログに使えば、目的の関数を発見しやすくなります。WEB検索する前に、Excel関数の検索ダイアログを使ってみましょう。