【ビジネスExcel実践講座・初級】
基本操作 – 其の1 Excelの起動方法-

Excelチャンピオンになるための第一歩として、

「ビジネスExcel実践講座・初級編」を開設しました。

Excelの基礎をしっかりと学んでいきましょう。
今回は、「基本操作」の其の1として、「Excelの起動方法」に焦点を当てます。

Excelはビジネスやデータ処理において不可欠なツールであり、そのスムーズな操作は効率的な作業に繋がります。

さっそく、Excelを起動するためのいくつかの方法を見ていきましょう。

Excelの起動方法

Excelを起動するためには、4つ紹介します。

ただし、個々の人によっては、すべての方法が利用できない場合もあります。

それぞれの方法の中から、少なくとも1つは利用可能なはずです。

[デスクトップ]のアイコンからの起動

  1. [デスクトップ]のExcelアイコンをダブルクリックします
[デスクトップ]のアイコンからのExcelを起動

[スタートメニュー]のアイコンからの起動

  1. [スタートメニュー]のアイコンをクリックします。
[スタートメニュー]のアイコンからのExcelを起動

  1. [ピン留め済みアプリ]から、Excelアイコンをクリックします
[スタートメニュー]のアイコンからのExcelを起動

[ピン留め済みアプリ]が存在しない場合

  1. [スタートメニュー]のアイコンをクリックします
[スタートメニュー]のアイコンからのExcelを起動
  1. [すべてのアプリ]をクリックします
[スタートメニュー]のアイコンからのExcelを起動
  1. アルファベットの「E」の中に、Excelアイコンをあります。そちらをクリックします
[スタートメニュー]のアイコンからのExcelを起動

[タスクバー]のアイコンからの起動

  1. [タスクバー]上のExcelのアイコンをクリックします
[タスクバー]のアイコンからのExcelを起動

[Windowsの検索バー]を使用

  1. Windowsの検索バーを開く:
    • タスクバーにある検索アイコン(虫眼鏡のようなアイコン)をクリックします
    • または、Windowsキーを押しながらキーボードの「S」キーを同時に押します
[Windowsの検索バー]を使用して、Excelを起動
  1. Excelを検索:
    • 検索バーに「Excel」と入力します
  1. Excelを起動:
    • 検索結果に「Excel」または「Microsoft Excel」と表示されたら、それをクリックして起動します
[Windowsの検索バー]を使用して、Excelを起動

最後に

Excelチャンピオンへの第一歩を踏み出すために、「ビジネスExcel実践講座・初級編」で基礎を学びましょう。今日はその一環として、Excelの起動方法についてお伝えしました。以下はそれぞれの方法の概要です。

  1. [デスクトップ]のアイコンからの起動:
    • [デスクトップ]上のExcelアイコンをダブルクリックします。
  2. [スタートメニュー]のアイコンからの起動:
    • [スタートメニュー]のアイコンをクリックし、[ピン留め済みアプリ]からExcelアイコンをクリックします。
    • [ピン留め済みアプリ]が存在しない場合は、[スタートメニュー]から[すべてのアプリ]を経由してExcelを選択します。
  3. [タスクバー]のアイコンからの起動:
    • [タスクバー]のExcelアイコンをクリックします。
  4. [Windowsの検索バー]を使用しての起動:
    • Windowsの検索バーを開き、”Excel”と入力して、検索結果からExcelをクリックして起動します。

これらの方法のうち、少なくとも1つは利用可能です。Excelの世界への扉を開き、スキルの向上に役立ててください。